現代社会の流浪人は何処へゆく

~記憶に残る脇役とそのまた脇役たちを描きます。脇役を思い出せば懐かしいあの名場面だってフラッシュバックされてしまいますよね~
現代社会の流浪人は何処へゆく TOP > キャプテン翼-ワールドユース編-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サウジアラビアユース代表 マーク・オワイラン ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

【一般コミック】 [高橋陽一] キャプテン翼 ワールドユース編 第08巻_翼-ワールドユース編-08巻-0055_

サウジアラビアの三杉といったところでしょうか

読みの鋭さが半端ない

翼と岬の黄金コンビプレイすら容易くパスカット

【一般コミック】 [高橋陽一] キャプテン翼 ワールドユース編 第08巻_翼-ワールドユース編-08巻-0060x

オーバーラップしたトップスピードから趣向のかわったヒールリフトだって魅せて三杉を抜き去る

【一般コミック】 [高橋陽一] キャプテン翼 ワールドユース編 第08巻_翼-ワールドユース編-08巻-0063_

スーパーグレートゴールキーパー若林からすら まるでそこに弾かれることを予測していたかのごとくオーバーヘッドキックでジャストミートして先取点ゲット

その様がスーパーサブだった中学生時代の三杉を彷彿とさせます

【一般コミック】 [高橋陽一] キャプテン翼 ワールドユース編 第08巻_翼-ワールドユース編-08巻-0151_

「そうだボクも君のそのプレイを待っていたんだ 全力で向かってくるその大空翼を止めてこそ サウジアラビアユース・マーク=オワイランの名が世界に響き渡ることとなるんだ」

1:1の対決で翼のサンターナターンをブロックして見せたオワイラン

【一般コミック】 [高橋陽一] キャプテン翼 ワールドユース編 第09巻_翼-ワールドユース編-09巻-0015_

試合終了間近 2点差を追うサウジ 個人技に走るオワイラン しかし岬のカットに沈む

「しまった サッカーは一人じゃできない こうやって日本チームのように味方のプレイをフォローしあい 仲間を信頼しあってこそなりたつスポーツ それは充分わかっていたのに」

人種も身分も関係ないひとつのボールのもとすべてが平等でそのボールを仲間同士でつないでいくサッカーは 王家の血筋に生まれたオワイランにとって特別なものだったようです

「あっと岬くんが奪ったボールをまたすぐさまサウジが奪う」

「ありがとうみんな みんなのこのプレイをボクは絶対にムダにしない」

【一般コミック】 [高橋陽一] キャプテン翼 ワールドユース編 第09巻_翼-ワールドユース編-09巻-0023_x

日本ユースの守備の要 松山と三杉を抜き去ります

「ボクは最後までチームメイトを 仲間を信頼する だってそれがサッカー」

バルカンに託した最後のシュートも葵の顔面ブロック2に阻まれ 日向の雷獣シュートで3点差に突き放されての敗北

リベロのオワイラン FWのバルカン といった二枚看板ではまだ日本ユースには及ばなかったのがちと残念でした

なにげにフランスjrユース代表のエル=シド=ピエールと価値観が似てます 「おなじルール おなじ条件のもと 大富豪も貧乏人もまったく関係なくひとつのボールを追うことができる おれはそんなスポーツサッカーが大好きになった」 大富豪の息子として生まれたピエールもまたサッカーと出会い魅せられた一人でしたよね

※登場作品:キャプテン翼-ワールドユース編-







↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

スポンサーサイト
[ 2012/06/27 11:00 ] 脇役の脇役たち | TB(1) | CM(0)

タイユース代表 チャナ・コンサワット ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

第06巻_翼-ワールドユース編-06巻-0139_z

作中最強シュートを放った人物こそコンサワット3兄弟末弟チャナ

コンサワット3兄弟のロケット砲なるシュートですが(ボールを持ち運んでいるようにも感じてハンドくさい難点)

ボールとドッキングしてキーパーの目前でシュートコースを変えるシュートではキーパーは反応しようもありません

現実にはありえないミラクルキーパー若林も指先を当てるのが精一杯でゴールを割られてしまうところでしたが葵のミラクルによって助けられました

第05巻_第05巻 (060)

コンサワット3兄弟の駆使するセパタクローの妙技は 立花兄弟のような誰でも真似できる空中サッカーとはもはや次元も高さも違う

大空中ローリングスパイクに至っては 作中最高角度から落とされるオーバヘッドキック

第04巻_第04巻 (79)e

日本ユース代表に挑戦状を叩きつけたときの空港で見せた技もこれ

第06巻_翼-ワールドユース編-06巻-0021_

ついには誰もが想像しえても不可能と思われていたトリプルオーバーヘッドキックまでご披露

あまりにも人間が重力に逆らいつづけたコンサワット3兄弟の技の数々はもはや曲芸でしたが キーパーが若林でなければ誰が止められる?といった攻撃は確かなものでした

※登場作品:キャプテン翼-ワールドユース編-







↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

[ 2012/06/26 11:10 ] 脇役の脇役たち | TB(0) | CM(0)

タイユース代表 シンプラサート・ブンナーク ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

第05巻_第05巻 (051)x

「大空翼の息の根はオレが止めた」

かつて比良戸中:次藤洋のハードマークを振り切った翼ですがタイ国ユース代表のブンナークは桁が違ったようです

20120625081641d81n.jpg

「チャナ 余計なことはするな そいつはおれの獲物だ」

故意に翼の腹へ向けられる蹴弾

「死ねェツバサァ」

今度は顔面めがけて放たれる至近距離からの蹴弾 ...さすがにこれは翼が回避

第05巻_第05巻 (087)

「お前のシュートの威力はこんなものかァ」

ドライブシュートが生身の腹筋で弾かれるなんて思いもしませんでした

第05巻_第05巻 (089)

「これで完全決着だな 翼」

空中での接触プレイでなにが起きたのやら? お互いの頭から流血を起こして倒れたのは翼だけ

1:1の接触プレイでは絶対の強さを誇るヘビー級のムエタイ戦士・ブンナーク

ブラジルのプロリーグで揉まれる翼もたじたじ というかボロボロ

ルール内(ボールを挟んでいる)というだけで実際やってることはサッカーとは大きく距離をおきますが しかし強い なにより翼にサッカーをさせなかったのは驚異的

途中出場の葵新伍の登場でサッカーというルールの中での勝負となり 翼に翻弄されて大逆転を許してのタイユースは敗北

12 キャプテン翼(文庫版) 第12巻_Captain_12_023c

翼のドライブシュートっていえば 中学生時代にはふらの中の7人がかりで壁を作ってなんとか止めることができたわけですから それを腹筋で弾くってもはや人外の存在なブンナークに(笑)

※登場作品:キャプテン翼-ワールドユース編-







↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

[ 2012/06/25 15:04 ] 脇役の脇役たち | TB(0) | CM(0)
プロフィール

七転抜刀斎

Author:七転抜刀斎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
204位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。