現代社会の流浪人は何処へゆく

~記憶に残る脇役とそのまた脇役たちを描きます。脇役を思い出せば懐かしいあの名場面だってフラッシュバックされてしまいますよね~
現代社会の流浪人は何処へゆく TOP > 刃牙道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

範馬勇次郎 最強論座⑮ 「400年前よりはじまった『最強』」 ~思い込み力計測不能~

20150413030522d96.jpg

「哭いたんだぜ こいつが ひっぱたかれたり 蹴っとばされたりしてさ」

1tもの大型猛獣を凌駕する超暴力

地上最強の生物とは ...範馬勇次郎

元々がこの物語は 範馬勇次郎を誰が倒すのか? というコトに主眼があった

人間が二次元に挑む という解釈が当て嵌まる

登場する格闘家は皆、実在のモデルがいる

人として 鍛練を重ねようとも 人ゆえに超えられない壁がもちろんある

範馬勇次郎はもとよりその壁であって 格闘技では遠く及ばない人外のモノ

2015041303084052c.jpg

「こらこらアマレス君 抜けがけはいかんなァ」

20150413031337423.jpg

「ここにいる全員が 対オーガ用スペシャルホールドを使用う日を夢見ていた」

越えられぬ壁であろうとも 登場人物たちは勇次郎を倒す日を夢見てやまない

20150413031827efe.jpg

しかし回を重ねるごとに 勇次郎の存在は大きくなりすぎて もはや兵器という喩えでしか語れなくもなるほど常軌を逸してしまう

これでは登場人物の誰一人とて手に負えない

目標にすらならない

20150413032157c34.jpg

しかしここへきて クローン技術によって甦った400年前の剣豪:宮本武蔵の登場に 格闘士たちは慄く

勇次郎の息子.. 勇次郎を除けば規格外の最強である範馬刃牙すら 子供扱いを受けるほどの武人

範馬の血を濃く引き 誰よりも勇次郎を倒すためだけに戦い続けた刃牙が通用しない

宮本武蔵は人間である

如何に腕が立とうとも 人間に範馬の血は超えられない

超えられないはずが 人間が 人間として 範馬の血をもてあそぶ実力差

171.jpg

「骨格すらも変形る鍛練 それが彼の日常だったのだろう」

骨格すらも変形させる鍛練の結果 人が人を超えている事実が雄弁に物語る

201504130328336b0.jpg

「言うなれば生まれながらの 天然戦闘形体」

範馬勇次郎は生まれついての ..最強者

対する武蔵は 鍛練と死闘の末の究極の武人

20150413033445474.jpg

この時代では成されることのなかった範馬を超える人という種は 時代を超えていままさに成ろうとしている

二次元に現実(リアル)は勝る

そう武蔵には体現してもらいたいものです

『最強』とは天下一の宮本武蔵よりはじまった言葉 らしいですね

登場作品:刃牙道





↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いします↓


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[ 2015/04/14 23:33 ] 刃牙 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

七転抜刀斎

Author:七転抜刀斎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。