現代社会の流浪人は何処へゆく

~記憶に残る脇役とそのまた脇役たちを描きます。脇役を思い出せば懐かしいあの名場面だってフラッシュバックされてしまいますよね~
現代社会の流浪人は何処へゆく TOP > 餓狼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

古流武術拳心流師範??  ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

19_137.jpg

「当たるギリギリまで待つ 額に触れるや否や 袖口に人指し指と中指を掛けるッッ 脈拍に小指を掛けるッッ ...で脇固め」

19_139.jpg

「見えたか畑よッ 日本拳法の歴史わずか70年ッッ 一方 我 拳心流は三百年ッッ どちらが勝つか子供でもワカるリクツだッッ ハハハハ」

19_142.jpg

と、ご高説を述べているところへ丹波文七に絡まれた拳心流師範の脇固めは不発(笑)

型稽古のみの古武道ですからねぇ

口先だけの攻撃理論は達者でも関節ひとつとれないのは現実

餓狼伝 第20巻_20_018-019

しかし実戦の場において畑幸吉が見せた正に古流武術は日本拳法の怪物:椎名一重を捕え粉砕

餓狼伝 第20巻_20_017

「やるのか あれを やれるものなのか」

教えていた本人すら信じがたい実践された古武道の光景

餓狼伝 第20巻_20_022

「見てくれたろうなッッ 我々の神髄をッッ あれが古流武術だッ あれが武だッッ」

古流武術:拳心流の師範っぽい人でした、ね

※登場作品:餓狼伝








↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

スポンサーサイト
[ 2013/02/01 19:30 ] 脇役の脇役たち | TB(0) | CM(0)

ボクシング チャック・ルイス ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

[一般コミック] [板垣恵介×夢枕獏] 餓狼伝 第17巻_17_177

「ほう 届くか この距離で」

伝統派空手の雄:神山徹を感心させたこの間合い その距離5メートル以上

餓狼伝15_164

球技のような間合い と例えられた一回戦は軽いステップから左ジャブ一発で決着

格闘技界最速とされるボクシングのジャブ ヘビー級のジャブともなるとライトヘビー級のストレートと同様の威力だとも語られる

他流では考えられないボクシングの凄味を見せつけてくれたルイスでしたがつづく2回戦で 伝統派空手:神山と対峙

[一般コミック] [板垣恵介×夢枕獏] 餓狼伝 第17巻_17_17x8

「コレダ 俺ガ コノ小サナカラテノイベントニ期待シタノハ 正ニコレダッ コンナ ライト級カウェルター級ノ骨格シカ持タヌコノ男ガ俺ト同ジ距離ヲ持ツ」

東洋の神秘との対峙を歓喜でもしているようなルイス

[一般コミック] [板垣恵介×夢枕獏] 餓狼伝 第18巻_18_046

しかし神山の寸止めに為す術なく敗北 役者がちがったようです

活躍は一回戦のみでしたがボクシングの凄さを魅せつけるには十分な存在感でした

餓狼伝15_165

ノーモーションから襲いくるこのジャブはひどく脳裏に残りました

※登場作品:餓狼伝








↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

[ 2013/02/01 15:30 ] 脇役の脇役たち | TB(0) | CM(0)

北辰会館 志門剛俊 ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

餓狼伝15_115

「攻撃を当てない 寸止め空手だから実戦に弱い その見識の浅さこそが今日のこの日に君らを試合場に立たせぬのだ おそらく俺は神山さんに勝つだろう 体格・体重・年齢・技術・運動能力 あらゆる要素を比較分析した上の答えだ」

スピード+パワー+距離 を軸とした合理性に重きをおく近代格闘技ならではの結論であっても 伝統派空手の雄:神山徹を前に現実は異なる

餓狼伝15_121

「甘かった 出られない 出たら打たれる――(伝統派の雄:神山 これほどだったのか)――からって だからってどうだってンだよ」

餓狼伝15_124

息せき切って攻撃へ転じた志門剛俊でしたが 寸止めにて動きを封じられること数限りなく

「あの まだ続け...」

「いえ ありがとうございます いい勉強させていただきました」

伝統派 対 実戦派 寸止め 対 直接打撃制 古流空手 対 現代空手

空手界に君臨する二大潮流に決着の時 と銘打たれもした興味深い一戦でしたが 触れもしないうちから敗北を認めたことで直接打撃制から批難を浴びようとも たしかに勝負ありだってことは誰の目にもわかる現実でした

餓狼伝15_133

合理性ばかりに目がいく近代格闘技にあって「強さ」という意味を再認識させてくれるにはうってつけの噛ませとして存在意義の深かった志門剛俊の負けっぷりに拍手...かな

※登場作品:餓狼伝








↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

[ 2013/02/01 11:00 ] 脇役の脇役たち | TB(0) | CM(0)
プロフィール

七転抜刀斎

Author:七転抜刀斎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。