現代社会の流浪人は何処へゆく

~記憶に残る脇役とそのまた脇役たちを描きます。脇役を思い出せば懐かしいあの名場面だってフラッシュバックされてしまいますよね~
現代社会の流浪人は何処へゆく TOP > 魁!!男塾

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冥凰島十六士 紫蘭 ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

魁!!男塾26_141

「おわかりになったかな これぞ奥義 千日颮鏡」

神技ともされる伊達臣人の槍術すら鏡のことく真似る紫蘭

魁!!男塾26_143

「将棋の世界には禁じ手とされているが模写矢倉という戦法がある これは相手と全く同じ駒の手順で指していき 最後には相手の王を詰めてしまうというもの 人の心理とは脆いものだ.. こうして徹底的に同じ動きをされていると焦燥感ばかりがつのり いつしか必ずスキが生じる.. 私はそこを狙えばいいわけだ」

男塾最強最後の敵といえる冥凰島十六士の3人(藤堂豪毅、スパルタカス、紫蘭)の先鋒として 男塾最強の3人の一人である伊達臣人と対戦しました

舞台は天挑五輪大武會最終決勝戦

魁!!男塾26_138x

「私は鏡に映るあなた自身.. あなたはあなた自身と闘うのだ」

理詰めで伊達を追い詰める紫蘭

魁!!男塾26_153

「いい加減にしねぇか」

「フフッ それでいい どんどん頭に血を昇らせるのだ 怒りと焦りは正確な判断力を失わせ 技をにぶらせる そしておまえは自ら墓穴を掘るのだ」

伊達の槍も粉砕して 勝負ありッ とも思われましたが

魁!!男塾26_158

「覇極流超奥義・宇呂惔瀦(うろやけぬま)」

追い詰められた伊達の見せた超奥義の構え

魁!!男塾26_159

伊達の動きをそのまま模倣する紫蘭

魁!!男塾26_162

「これでいいのだ 宇呂惔瀦なんて奥義は存在せんのだからな 宇呂惔瀦をさかさに読んでみるがよい」

「宇呂惔瀦..ウロヤケヌマ.. マ・ヌ・ケ・ヤ・ロ・ウ マヌケ野郎だとーっ」

魁!!男塾26_163x

落ちてきた槍には大きな違いが

「そ そうか 貴様が投げたのは俺が折った槍の下半分だけ」

千日颮鏡という特殊な奥義ゆえか己の奥義で墓穴を掘った紫蘭

魁!!男塾26_164x

「千日颮鏡 敗れたり 相手と同じ武器をもたねばその奥義は成り立たん」

己を見失い自滅した紫蘭には孤戮闘という凄絶な過去もありました

魁!!男塾26_177

「この腕の刺青こそは孤戮闘修了の証 生まれた時から孤児だった俺は藤堂兵衛様に買いとられ 中国拳法極限の養成法 孤戮闘の修行に出されたのだ」

魁!!男塾26_179

孤戮闘 それはまさにこの世の地獄 そこには世界中からさらわれたり買われてきた年端もいかぬ子供達が集められていた 集められた子供達は絶対脱出不可能な谷底に落とされ一週間程 飲まず食わずの飢餓状態にされる そしてそこに百人に対して五十人分の食糧が投げ込まれる 当然その食糧をめぐってすさまじい奪い合いとなる 力が劣り闘いに負け糧を得られなかった者にあるのは死.. 再び時を置き 生き残った五十人を飢餓状態にし今度は二十五人分の食料を投げ込む また闘いの末人数は減っていく こうして地獄絵図は続くのだ 二十五人が十人 十人が五人 五人がふたり 最後のひとりとなるまで…

「そして 最後に生き残った子供を素質のある者と認め それ以上に過酷な修行を受けさせる 喜びも悲しみも一切の感情を捨てただ敵を倒すことだけを宿命として戦士を作り上げるためにな 親の顔も知らず友もなく命令通りに闘うのみ それがこの俺だーっ」

魁!!男塾26_184

しかし 伊達もまた孤戮闘の生き残りであっ過去を知り 「礼をいう伊達臣人.. おまえは俺に初めて人のやさしさというものを教えてくれた 今度生まれてくる時は..」 紫蘭はその幕を閉じました

※登場作品:魁!!男塾







↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2014/06/06 00:00 ] 脇役の脇役たち | TB(0) | CM(0)

梁山泊三首領 梁皇 ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

魁!!男塾22_112

「わからん 梁皇様の拳はこやつの体に指一本触れておらんというのに 体内の血を全て流しつくし まるでミイラのように...」

梁山泊秘奥義 枯渇噴血霧(こっかつふんけつせん)

まるで双頭の剣でも抜くかのような独特な構えをとると なぜか相手は血を噴き出して死に至る

魁!!男塾22_156

「わ わからん... や 奴は確かになにかを投げているはず だ だがそれが目に見えず見切ることも出来ぬとは...」

対戦した雷電ですら見切れずに血を噴き上げるばかり

しかしエテ公どもに見切られてみればなんのことはない

魁!!男塾22_163

透きとおるガラスでつくられた中国医術で用いる噴血針を目にもとまらぬ早さで投げていただけのこと

「そうか 奴の妙な構えは腰のマントに隠して筒からその噴血針とかをとるためのもの...」

剣術においても相当な達人のようですから 猿どもに噴血針を見抜かれさえしなければ雷電どころか伊達臣人ですら勝てない相手だったのやもしれません

魁!!男塾22_177

噴血針を見切られてからというものは雷電に圧倒されてしまいますが 猿3匹を人質にとっての逆転?勝利

次なる対戦相手は伊達臣人でしたが...

魁!!男塾23_013

なんとまぁ滑稽な技で伊達を迎え撃ったもんです

魁!!男塾23_022

勝てないとみるや銃をとりだす始末の悪さ

「フッ これが俺の最後の切り札よ むろん この大武會において銃器の使用は禁じられておるがそんなことは関係ない」

しかし勧善懲悪の少年漫画ですからねぇ

魁!!男塾23_025c

ほんの一振りでした

伊達の槍をかわす梁皇

魁!!男塾23_025x

背中を向ける伊達

「あーん? なんだいきなり背を見せて」

この時点で台詞までがやられ役に変容してしまいました

魁!!男塾23_026

「勝負はついた 貴様のような奴の死に様など見たくはない」

「なにをたわけたことを 背を見せたからといって撃つのをためらう俺ではない」

魁!!男塾23_026x

「むっ 貴様どうした その槍の穂先は」

「いったはずだ 俺の槍は貴様を地獄へ追いつめるとな」

魁!!男塾23_027

背に気をとられた梁皇の眉間には 奥義でもなんでもない投げた刃物が落下してくるという現象での斬幕

天挑五輪大武會3連覇を成している梁山泊十六傑の三首領のボス格がこれではなんともむず痒い結末でした

一芸に秀でているだけの存在に終わってしまった梁皇でしたが 噴血針を見切られず その非情さで挑んだのならなかなかの豪傑だったのかもしれません

※登場作品:魁!!男塾

還元率が高すぎる=お小遣いがすぐ溜まる♪
無料でお小遣い稼ぎまくってね!







↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

[ 2013/02/27 11:00 ] 脇役の脇役たち | TB(0) | CM(0)

男塾三号生 蝙翔鬼 ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

魁!!男塾12_129

南朝寺教体拳の使い手としてJ、雷電を苦しめ 一角獣のケンタウロスとの闇夜の死闘で敗北

百メートル頭上を飛ぶ鳥を気合いもろとも一閃のもとに落としたと伝えられる天稟掌波を主武器とし 闇夜では蝙蝠をともとした煌嗾蝙術で宙を舞う

魁!!男塾07_008

大威震八連制覇では体術で勝る雷電を撃破 義手での騙し打ちや毒を使った汚い勝ち方でしたが 「生きるか死ぬかの闘いに汚ねぇもヘチマもありゃしねぇ」とは伊達

即後に怒り心頭のJに手も足も出ずに敗北

もっともな見せ場となったのは天挑五輪大武會 vsケンタウロス

「暗夜にあってこそ水を得た魚のごとく我が南朝寺教体拳の真価は発揮される」

宙を舞いひとっとびで闘場へたつ蝙翔鬼

魁!!男塾12_139

ユニコーンに見破られた宙を舞う秘密

魁!!男塾12_144-145

「この蝙翔鬼の蝙という文字は蝙蝠の意 いでい友よ 我らが秘技を見せてやるのだ」

南朝寺教体拳:遮蔽闇體(しゃへいあんてい)という煌嗾蝙術 最大の秘技は見破られるまでのスリルがたまりません

魁!!男塾12_152

敵としては卑怯な悪役キャラ 味方になればその不気味さが頼もしさすら感じてしまう

個人的にはドラキュラみたいなイメージで好感度の高いキャラでした

※登場作品:魁!!男塾







↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

[ 2012/06/13 18:17 ] 脇役の脇役たち | TB(1) | CM(0)

狼髏館 鎮獰太子 ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

魁!!男塾11_129

「この円から一歩でも足を踏み出せば腹かっさばいて負けを認めよう」

意思の力では動かせない頭髪を自在に操る鎮獰太子

男爵ディーノは一蹴しましたが、ね

棘殺怒流鞭を軽々と回避し 自らのガードを神技とも喩えましたが 伊達の神技的な槍術で返されてしまいました

魁!!男塾11_163

最期は円からはみ出しての敗北

腹をかっさばく勇気もなく しょせんは未熟者でした

「教えてやろう 本当の神技というのはな 破」

伊達の神業の引き立て役としては十分に役どころを全うしてましたね

魁!!男塾11_158

※登場作品:魁!!男塾







[ 2012/05/09 17:00 ] 脇役の脇役たち | TB(1) | CM(0)

男塾死天王 センクウ ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

魁!!男塾12_037

男塾死天王の中でもっとも脇に控えたキャラがセンクウ

気が付けば研ぎ澄まされた鋼線に囲まれている敵キャラ

勘のよいキャラなら気が付きますが アキレスのような自信過剰な敵では猛進とともに勝敗は決まってしまうがセンクウは手で制してしまう

相手の手の内がわからないといった中での闘争において戮家千条鏤紐拳ほどやっかいなものはないと感じます

魁!!男塾08_040

鋼線を見切るだけでも至難の業でしょう

主人公側のキャラ設定は基本受け身なので 思いのほか苦戦を強いられやすいセンクウですが 最期は容赦なく鋼線でかっ斬ります つまりはじめから容赦しなければ無敵だろうに とか勘ぐってしまいます 相手が実力を見せる前に勝敗を決めることができるのですから

魁!!男塾17_030

※登場作品:魁!!男塾







[ 2012/05/09 11:00 ] 脇役の脇役たち | TB(1) | CM(0)
プロフィール

七転抜刀斎

Author:七転抜刀斎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。