現代社会の流浪人は何処へゆく

~記憶に残る脇役とそのまた脇役たちを描きます。脇役を思い出せば懐かしいあの名場面だってフラッシュバックされてしまいますよね~
現代社会の流浪人は何処へゆく TOP > スポンサー広告> ファンタジーアースゼロ > 『ゾルディック家』の解散 ファンタジーアースゼロ FEZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ゾルディック家』の解散 ファンタジーアースゼロ FEZ

昨夜のこと。数ヵ月ぶりにファンタジーアースゼロ(FEZ)の世界へ舞い込む。マイナーとされるZ鯖。ゲブラント王国。職業:短剣スカウト。レベル35。昨年9月データ。

もはや過疎ではなく廃墟とでもいうのでしょうか 以前から過疎化が懸念されておりましたがまさしく廃墟。誰もいない。

2010年2月にプレイをはじめて、3月には一人の友を得て『ゾルディック家』結成。中級クラスのプレイヤーがメインの部隊。隊長であった私こと‘夜叉鴉’は初心者 掲示板は使わず気になったプレイヤーに首都で話しかけて口説く。得意技=ナンパとされた。最大で部隊員は120人にまで膨れ上がりました。120人も口説き落とした(笑)。 in率も非常にお高い。

当時にはZ鯖ゲブラント王国にも『神聖』をはじめとした強い結成で結ばれた強豪部隊が立ち並び ファンタジーアースゼロ初心者でしかなかった夜叉鴉を隊長とする『ゾルディック家』は数ばかりの浮いた存在。それでもメインメンツはin率も毎日で仲良い。

身の程しらずの夜叉鴉は首都のあちらこちらで溜まり場をつくる部隊という部隊に話しかける。気がつけばあらゆる部隊と交流をもつまでに。

キャプチャmm.jpg

Z鯖の神プレーヤーと囁かれた夜黒魔さんは『神聖』の隊長さん。名前の関係でよくヤコくん(夜黒魔)のサブとまちがえられもしました。

ヤコくんに『ゾルディック家』を絶賛されて部隊員の幹部たちは大喜びでした。

溜まり場が隣接していたということもあり 他の『神聖』隊員とも仲良くなり 部隊戦などの交流戦もしばしば。周囲の部隊も加えて毎深夜に行われる部隊戦は熱かった

そしてファンタジーアースゼロにとってお寒い夏が訪れる

夏休みともなればプレイ人数が飛躍的に増加します。

このゲームはほんの数人がルールに乗っ取らないプレイをしただけで戦争の勝敗が決まってしまう。なのに初心者ばかりでもはや戦争は戦争にならず 掘りなんて誰もいない。低レベルは掘り&召喚すら理解できないキャラが多すぎる。レベルの低い低装備のキャラが前線にでている始末の悪さ。召喚もくそもない。ただただ誰しもが前線にでて無意味に暴れているだけ。掘りしてるのがしかたなくベテランプレーヤーたち。

ゲームを知る者にとっては大混乱 収集がつかずに退陣する部隊が相次ぐ。本鯖へ部隊ごと移る者もあれば 他ゲームへ乗り換えてしまう者もいる。首都は無法の空虚

2010年9月。『ゾルディック家』隊長:夜叉鴉も退陣。隊長不在の部隊となったゾルディックメンツは自分たちのサブキャラで新たな部隊を結成したりと動きをみせる。でもゾルディック家にはメインキャラをしばらくは残しておいてくれた。

2ヶ月に一回 3ヶ月に一回 といったスパンで様子をみる程度のin率となった夜叉鴉。『ゾルディック家』を一緒に結成した友も知らずに引退していたらしい

本鯖にキャラを作り 何度かプレイを試みても燃えない。A鯖~G鯖~D鯖とキャラを育てるとやる気がなくなってしまう。

Z鯖は異端視されがちですが 本鯖にはZ鯖でみた超A級のキャラはみることはなかった。

そして昨夜。2011年10月4日。久々のinゲブラント。行われている戦争は2ヵ所程度。片側は人数割れ。『ゾルディック家』から幹部は消え、元ゾルディック家の数人がそれでも新たな部隊として活動している。

懐かしく会話も弾み、そのまま部隊へ編入させていただきます。『ゾルディック家』は解散。

今後は新たな部隊でレベル40(MAX)を目指してもいいかもしれません いまだにレベル35なんでね(笑)







コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

七転抜刀斎

Author:七転抜刀斎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
242位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
33位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。