現代社会の流浪人は何処へゆく

~記憶に残る脇役とそのまた脇役たちを描きます。脇役を思い出せば懐かしいあの名場面だってフラッシュバックされてしまいますよね~
現代社会の流浪人は何処へゆく TOP > スポンサー広告> 刃牙 > 範馬勇次郎 最強論座⑦ 「どっちの刃牙」 ~思い込み力計測不可~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

範馬勇次郎 最強論座⑦ 「どっちの刃牙」 ~思い込み力計測不可~

46993409_146aa.jpg

どっちの刃牙が強いんでしょうね?

アライjrを倒した時点で勇次郎を超えてますよね

でも勝てそうにない理由は思い込みが足りない

刃牙はどんなにか強さが増そうと誰にでも負けうる要素が絶えない

「ヨーイドンでしか走れぬ者は格闘技者とは呼ばぬ」とはシコルスキー

未知のピクルに興奮の隠せない刃牙の最盛期は実は終わっている

大統領を拉致したときの刃牙は心底楽しそうに見えた 現状の自我喪失ぎみには破滅型とも映りえる

最盛期に自分より弱いかもしれないオリバにしかける喧嘩?? 刃牙より格付けが上位にいるのは作中、勇次郎のみ 故に存在価値のあるピクル

刃牙は進化していく その描きは作中どこかしらで見た進化とかぶる

強さ(=格闘力)を増すだけではこの物語は終わらない

毒の裏返りで肉体は究極を超えた 梢との情事で幼さが抜けた 残すは誰よりも強いという思い込み

「能書きが長ぇな親父 怖気づいてるのかぃ」 挑発と反して震える足 まだまだ思い込みが浅い

その思い込みが本物であれば勇次郎の方から挑んでくるだろうに...







[ 2011/08/17 18:17 ] 刃牙 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

七転抜刀斎

Author:七転抜刀斎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。