現代社会の流浪人は何処へゆく

~記憶に残る脇役とそのまた脇役たちを描きます。脇役を思い出せば懐かしいあの名場面だってフラッシュバックされてしまいますよね~
現代社会の流浪人は何処へゆく TOP > スポンサー広告> 脇役の脇役たち > タイユース代表 シンプラサート・ブンナーク ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タイユース代表 シンプラサート・ブンナーク ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

第05巻_第05巻 (051)x

「大空翼の息の根はオレが止めた」

かつて比良戸中:次藤洋のハードマークを振り切った翼ですがタイ国ユース代表のブンナークは桁が違ったようです

20120625081641d81n.jpg

「チャナ 余計なことはするな そいつはおれの獲物だ」

故意に翼の腹へ向けられる蹴弾

「死ねェツバサァ」

今度は顔面めがけて放たれる至近距離からの蹴弾 ...さすがにこれは翼が回避

第05巻_第05巻 (087)

「お前のシュートの威力はこんなものかァ」

ドライブシュートが生身の腹筋で弾かれるなんて思いもしませんでした

第05巻_第05巻 (089)

「これで完全決着だな 翼」

空中での接触プレイでなにが起きたのやら? お互いの頭から流血を起こして倒れたのは翼だけ

1:1の接触プレイでは絶対の強さを誇るヘビー級のムエタイ戦士・ブンナーク

ブラジルのプロリーグで揉まれる翼もたじたじ というかボロボロ

ルール内(ボールを挟んでいる)というだけで実際やってることはサッカーとは大きく距離をおきますが しかし強い なにより翼にサッカーをさせなかったのは驚異的

途中出場の葵新伍の登場でサッカーというルールの中での勝負となり 翼に翻弄されて大逆転を許してのタイユースは敗北

12 キャプテン翼(文庫版) 第12巻_Captain_12_023c

翼のドライブシュートっていえば 中学生時代にはふらの中の7人がかりで壁を作ってなんとか止めることができたわけですから それを腹筋で弾くってもはや人外の存在なブンナークに(笑)

※登場作品:キャプテン翼-ワールドユース編-







↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

[ 2012/06/25 15:04 ] 脇役の脇役たち | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

七転抜刀斎

Author:七転抜刀斎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。