現代社会の流浪人は何処へゆく

~記憶に残る脇役とそのまた脇役たちを描きます。脇役を思い出せば懐かしいあの名場面だってフラッシュバックされてしまいますよね~
現代社会の流浪人は何処へゆく TOP > スポンサー広告> 脇役の脇役たち > 白銀聖闘士 ペルセウス座のアルゴル ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

白銀聖闘士 ペルセウス座のアルゴル ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

Saint-04-0133v.jpg

「このメドゥサの盾と目があって生き延びたものはいない 誰もがことごとく魂をぬきとられ石になるのだ」

Saint-04-0134v.jpg

盾といえど どちらかとえいば武器の側に身を置くメドゥサの盾 その目には目を合わせたものを石化する魔力がある

瞬も 氷河も石化されました

ドラゴンの盾で防いだ紫龍のみが戦闘可能となり メドゥサの盾vsドラゴンの盾 の攻防がはじまります

Saint-04-0138.jpg

「ドラゴンの盾が上か メドゥサの盾が上か いくぞペルセウス うけてみろ これ龍竜星座最大の奥義 廬山昇龍覇」

Saint-04-0140.jpg

「通用しないのはあたりまえだ おまえは無意識の内にこのメドゥサの盾と目をあわせないようにして拳をくりだしている そんな不自然な体勢ではおまえの昇龍覇が最大限に発揮できるわけがあるまい」

無意識にメドゥサの盾と目を合わせないようにして闘う紫龍では昇龍覇にも威力はない

ペルセウスは盾にメドゥサを写し それを頼りに首を落としたというギリシア神話があるが まともに敵をみなければロクな攻撃もままならぬ実戦という現実

Saint-04-0146.jpg

「ハッハハハ ここだ紫龍ーッ もはや盾でふせぐヒマはない おまえの最後だ ラスアルグールゴルゴニオ」

ならばとばかりに目を布で覆う紫龍でしたが...

Saint-04-0149.jpg

「フッ 残念だがそういうことだ 布をとおしまぶたをとおしてメドゥサの魔力はおまえの網膜にとびこむのだ まともにむきあってメドゥサの魔力からのがれることはできん」

紫龍の左半身は石化 

Saint-04-0153.jpg

目隠し程度では防ぎきれないメドゥサの魔力を前に自らの両目をつぶす紫龍

「バカな みずから両目をつぶすとは し..正気か紫龍」

Saint-04-0156v.jpg

最期の衝突で やはりメドゥサの盾は 盾の割には防御力が低かったらしく 廬山昇龍覇を前に砕け散りました

魔力が通じなければただの盾だったというわけです

盾がなければたいした実力もなかったのもアルゴル

白銀聖闘士はけっして弱くはないのですが 聖闘士にとって重要な小宇宙(コスモ)を高めるような場面が皆無なのが敗因な気もします

※登場作品:聖闘士星矢







↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

[ 2012/07/03 11:30 ] 脇役の脇役たち | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

七転抜刀斎

Author:七転抜刀斎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。