現代社会の流浪人は何処へゆく

~記憶に残る脇役とそのまた脇役たちを描きます。脇役を思い出せば懐かしいあの名場面だってフラッシュバックされてしまいますよね~
現代社会の流浪人は何処へゆく TOP > スポンサー広告> 脇役の脇役たち > 江戸城御庭番衆本丸警護方 式尉 ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

江戸城御庭番衆本丸警護方 式尉 ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

[和月伸宏] るろうに剣心 第04巻_0056

般若 ひょっとこ 癋見 といった三人の御庭番衆の名前は思い出せてもどうしても一人思い出せない キンニクダルマで全身に傷がある 顔も思い出せても名前だけがでてこない

「そして俺はこの無敵の筋力を手に入れた お前もそうだ まだまだ強くなれる資質がある 御庭番衆の秘薬を使えば 般若や俺様を凌ぐかもしれねぇぞ」

[和月伸宏] るろうに剣心 第04巻_0052

左之助すら圧倒する肉体の強さは本物

頭突きで左之助の脳を揺らしたシーンは印象的です

[和月伸宏] るろうに剣心 第04巻_0055

「常人離れしたお前の筋力は殺すには惜しい資質だ 御庭番衆に伝わる筋肉増強の秘薬を使えば更に強くなる」

当時たったの十三歳だった四乃森蒼紫に倒されて御庭番衆入り

観柳邸では般若より後から登場したことから 般若より実力は上?とも思いもしますが 一人だけ登場が遅かったためか記憶にはいまいち残らなかった御庭番衆

「俺様」 と自分自身すら敬うんですからして 強さに溺れていると左之助から指摘されたのも頷けます

「いくら頭が固くても中身はそーはいかねぇ だったよな」

両の拳を潰され 脳天への一撃で あっけなく左之助に倒されもしました

[和月伸宏] るろうに剣心 第04巻_0042

元々は薩摩藩の隠密 つまり維新志士側の人間だった式尉

御庭番衆となり本丸警護方まで務めたのですから幕末では相当な手練だったのでしょう

左之助とは完全にキャラかぶりでした

最期は蒼紫を守るためにガトリングガンを背に受けての幕

江戸城御庭番衆本丸警護方 式尉 の名は是非にも思い出して欲しいものです

※登場作品:るろうに剣心







↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

[ 2012/08/24 11:00 ] 脇役の脇役たち | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

七転抜刀斎

Author:七転抜刀斎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
34位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。