現代社会の流浪人は何処へゆく

~記憶に残る脇役とそのまた脇役たちを描きます。脇役を思い出せば懐かしいあの名場面だってフラッシュバックされてしまいますよね~
現代社会の流浪人は何処へゆく TOP > スポンサー広告> FEZ初心者講座 > wikiすら知らないFEZ初心者講座Ⅰ 「クリ掘&オベ建て」 ~ファンタジーアースゼロ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

wikiすら知らないFEZ初心者講座Ⅰ 「クリ掘&オベ建て」 ~ファンタジーアースゼロ~

初心者には非情なまでの意地悪さを誇るファンタジーアースゼロ

50vs50といった大規模な戦争に参加したくってはじめるプレーヤーが多い。

でもこの世界観は戦争というアクションバトルではなく、陣取りゲーム

クリスタルを掘る クリスタルを消費してオベリスクを建てて自軍領域を広げる オベリスクを折って敵領域を削る といったことが基本概念

f12nn.jpg

それすら理解しないでゲームをはじめる人間にはまるで意味がわからないパラレル世界観なファンタジーアースゼロ

wikiを読んで学習しようにも ゲームを進行させながら読んではじめて意味のわかるwiki。

ゲームをはじめて まず駐屯地へ行ってのチュートリアルを受ける。

チュートリアルを全てクリアすればレベルは16まで上がる。

チュートリアルすら意味がわからなかった私は、チュートリアルをほっぽりだして、狩りでレベルアップに励む無駄な時間の浪費をしていました

チュートリアルの森林フィールドと山岳フィールドはクリアできても最期の谷フィールドでつまずきます。

陣取りゲームといった基本概念がなかった以上、谷フィールドの「戦場の巨塔」ではやることがわからない闇雲に走って、敵を探すばかり。でも敵はどこにもいない。気付けばタイムアップ

他のミッションを受けてみても、召喚という概念もないために、うろうろと走り廻っているだけでタイムアップ。

わけがわからないからといって、狩りや戦争で経験値を積み、レベルを上げてみても、前線へれば一斉攻撃を受けて瞬殺デッドな日々ではゲームの面白味を体験すらできません

キャプチャcdf

谷フィールドのミッション「戦場の巨塔」では陣取りを覚えます。

クリスタルを掘り、受け渡し、必要数を所持したらオベリスクを建築する。

それを繰り返すことで自軍陣地をを広げて、敵軍のゲージを減らす。

その後につづくミッション「巨人狩りの騎士」「敵防衛網襲撃」は召喚を覚えます。

やはりクリスタルを掘り、受け渡し、ナイト、ジャイアントといった召喚獣へ変身

ナイトは召喚獣に攻勢効果を発揮するが歩兵には無力。スピーディ-な移動を誇る。敵ジャアントを倒しつづけてゲージをゼロにすればクリア。

ジャイアントは建築物の破壊に特化。移動はスロー。ウォークラフトを建築しジャイアントを召喚。敵オベリスク&アロータワーをすべて破壊すればクリア。

最期の「空翔ける召喚」では、ドラゴンソウルを使用して空翔けるドラゴンを経験

経験を少し積めばチュートリアルはすべてクリアするまでに1時間かかりません。

レベル16になれば戦争で裏方として、ある程度貢献できるようになります。あくまでも裏方としてです。

クリスタルを掘り、集め、渡し、召喚獣として戦場に参加

召喚獣は個人のレベルに関係なく召喚すれば同一の能力。

召喚によって勝敗が左右されるのもファンタジーアースゼロ世界観なので召喚は大事な要素です

レベルも低く、装備品も弱ければ、裏方以外なにもできません。

はっきりいって邪魔です。

前線へでるにも、オベリスクを建てるにも、知識をもっていなければ敗因の要素を生むだけです

1人のプレーヤーとして職業を積み、前線で活躍するのはまだまだ遥か先のことです。

といった感じでファンタジーアースゼロは初心者には意地悪なゲームです

コアなゲームなんですかねぇ?(笑)







[ 2011/11/05 11:01 ] FEZ初心者講座 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

七転抜刀斎

Author:七転抜刀斎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。