現代社会の流浪人は何処へゆく

~記憶に残る脇役とそのまた脇役たちを描きます。脇役を思い出せば懐かしいあの名場面だってフラッシュバックされてしまいますよね~
現代社会の流浪人は何処へゆく TOP > スポンサー広告> 脇役の脇役たち > 元斗皇拳 紫光のソリア ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

元斗皇拳 紫光のソリア ~記憶に残る脇役のそのまた脇役たち~

17_085.jpg

「見ろ かつて戦い一瞬にしてファルコに奪われたこの眼を きさまごときこのソリアがほふってくれよう」

元斗皇拳 第二の使い手としてケンシロウの前に現れた紫光のソリア

17_088.jpg

北斗神拳は内部からの破壊を真髄とするが 元斗皇拳は敵の滅殺を真髄とする拳

すなわち体内に充ちた闘気を刃とし敵の体 細胞を瞬時に断ち滅殺する

「攻も円 守も円 わが拳の真髄はすべてを滅殺する流輪」

17_082.jpg

元斗流輪光斬でケンシロウに手傷を負わせるソリア

17_091v.jpg

「ふは~~元斗皇拳破の輪」

追い打ちをかけるソリアでしたが 「北斗は滅せず」とケンシロウの覇気とともに左腕を裂かれます

片腕一本で立ち向かおうとももはやケンシロウの敵にはなりえず

17_110.jpg

光る手ばかり頼っている攻撃なので見極めやすいんですかね

レーザーのような攻撃ですが当たらなければ意味はない

「フフフ 似ている たしかに似ておるわ 貴様にひかれて北斗の軍も動いたのであろう 我々もまたしかり 我らも金色の光に導かれて動いたのだ この紫光のソリア きさまに負けたのではない この命 金色のファルコ将軍に捧げたのだー」

もちろん秘孔を疲れての憤死

活躍といえる活躍の場は 元斗流輪光斬でケンシロウに手傷を負わせた一撃だけでしたが 「この男たちに邪念はない」とケンシロウの言葉のとおり邪念はなく ただただファルコへの忠誠心にのみ生きた将軍でした

17_070.jpg

主人公がファルコであったなら ソリアもレイ並の活躍があったんですかねぇ(笑) 忠誠心=義のようなもんですしぃ 見るからに敵キャラですがね

※登場作品:北斗の拳

史上最高のポイント還元率!☆ポイントハンター☆






↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ

[ 2013/02/13 17:00 ] 脇役の脇役たち | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

七転抜刀斎

Author:七転抜刀斎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。